クラウドファンディング・プラットフォームCAMPFIREにて「戦艦大和VR復元計画第二期:戦艦武蔵最終時の建造」の募集が完了し、293人の方から総額3,152,501円の支援をいただくことができました。

大和と武蔵をあわせると、782名様より総額876万5409円となりました。
大和 476名 5,449,893円
武蔵 293名 3,152,501円

 ■ インフォメーション ■ 

 ||| イベント |||  デジタルジャーナリズムフォーラム2016 に出展しました!

3月12日(土)、講談社のデジタルジャーナリズムフォーラム2016(JDF)にて、出展しました。
『体験!バーチャルリアリティ(VR) in DJF
今、3Dで仮想現実空間を楽しめる機器が次々と発売されている。
新しい技術は報道の表現の幅をどう変えるのか?360度動画の中で歩く被災地、CGで再現された戦艦大和や宇宙空間の探検、Google Cardboardで体験するスマホVRなど、VRジャーナリズムの先駆的な作品を収集。
ジャーナリズムの可能性をあなたの目で確かめに来場を!』

 ||| イベント |||  OcuFes Final(オキュラス・フェスティバル ファイナル) に出展しました!


2月20日(土)・21日(日)、VR体験イベント「OcuFes Final」に参加・出展しました。
その様子は、 産経アプリスタさん電撃オンラインさんASCII.jpデジタルさんAPPREVIEWさんEngadget Japaneseさんにて紹介されました。

 ||| イベント |||  Unity VR EXPO Shibuya に出展しました!

 
1月24日(日)、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンさんの開催するVR体験イベント「Unity VR EXPO Shibuya」に参加・出展しました。
その様子は、翌1月25日(月)のNHK「ニュースウオッチ9」のVR特集で紹介されました。

 ||| クラウドファウンディング ||| クラウドファウンディングCAMPFIREさん にて資金募集、達成しました。


戦艦大和VR復元計画第二期:戦艦武蔵最終時の建造
『シブヤン海に眠る戦艦武蔵。最新事実に基づき、戦艦武蔵最終時の姿(1944年10月)をバーチャルリアリティ空間上に原寸大で建造します。「戦艦大和VR復元計画」をバージョンアップするための第二期資金募集。』

2015/10/19にクラウドファウンディングCAMPFIREで資金募集を開始し、目標金額の200万円を達成。
2016/01/07に募集を終了し、293名様より315万2501円の支援を頂くことができました。

 ||| 制作 |||  弊社オフィスにて、堤明夫艦長の砲術指南をいただきました!

堤明夫艦長に弊社オフィスにお出で頂き、直々に砲術指南をしていただきました!
堤明夫艦長は、元イージス艦きりしま艦長、海将補、海軍研究家。NHK大河ドラマ 『八重の桜』や東映映画 『男たちの大和』などの演技指導・資料提供を担当されてきました。
先日、弊社VR大和アドバイザーとして、オフィスにて砲術指南をいただきました。



VR大和では、戦争映画では省かれていた実際の砲術手順を、ご覧いただける予定です!
また堤艦長のアドバイスにより、旧海軍の所作に関しても可能な限り忠実に再現していきます。

 ||| TV番組 ||| ビートたけしのTVタックル (テレビ朝日系列)2015年10月19日 にてご紹介いただきました!

『見知らぬ人が投資してくれる! 「クラウドファンディング」の実態とは?』

 ||| 記事紹介 |||  ファミ通 2015年10月8日号さん  にてご紹介いただきました!


『我、VR 空間上に再現された“史上最大の戦艦大和”を体感せり【とっておきインディーVol.47】
「実物大の戦艦大和に乗ってみたい」という歴史・軍事マニアの願いはVR空間で叶える!  そんなプロジェクトが、現在着々と進行中なんです。』